読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年3月27日を振り返る。

わたしは去年の今日、3月27日に「渋谷すばる LIVE TOUR 2016 歌」で初めて両国国技館に足を踏み入れた。ちょっと言い回しが大袈裟な気もするがこれくらいが丁度いいのかもしれない(と思う)。

 

今からここにその日のことをたくさん書く!(本当はInstagramにたくさん書きたかったけど友人の前で愛を語るのが少し照れ臭いのでこっちにしました)

 

両国国技館に入るまでも入ってからも初めての経験だらけで感動しか感じなかったし嫌なことすべて忘れていた。この頃に戻りたい(切実)

 

初めて1人参戦をした。新幹線で地方から来たので、昼間は1人で東京観光をした。これもすごく楽しかった。地下鉄を乗ることさえも楽しかった。

まず両国駅で降りると、国技館がもう目の前に見えて、「はぁぅっ!」とよくあるようなリアクションを取ってしまった。誰も見ていないのに。笑 今からここに入ると考えても夢のようだったしまず1人で両国駅にいることも現実とは思えなくてすごい不思議な感覚に陥っていた(気がする)。会場に行くと、「渋谷すばる」ののぼりがあって、心拍数が確実に上がっていたと思う。覚えてる。「好きだな〜〜」「好きだよ〜〜」って声に出しそうな勢いだった。雰囲気に飲まれた、押された。

 

会場に入ると、たくさんの力士さんが上から見守っていて「かわいい❤️」って思った。わたしは升席で、同じ升のお姉さん2人と仲良くなった。一緒に写真も撮った。懐かしいなあ。

座布団の上から聴くすばるくんの歌は変な感じしかなくて、なぜだか心地よかった。すばるくんの声とブルースハープの音が両国国技館に響いてた。すばるくんの歌う歌は、圧巻で、温かくて、切なくて、優しくて、懐かしくて、(もっと似合う形容詞を並べたいがボキャブラリーが少ない…泣)と1年前のことでもはっきり覚えている。忘れるべきではないと思っている。同じ升の大倉担のお姉さんがスペアキーで泣いてたのも覚えている。それにも泣いてしまった。なんて弱い涙腺なの…!

もうあの景色を見れないのかと思うと涙がちょちょぎれる。ソロコンをまたやっていただきたいと思う!とても思う!次は武道館でも聴いてみたいなあとも思ったりする!そんな日が来るのを願って次のアルバムを楽しみにしています。f:id:subrshi81:20170327091439p:image

新年会を見て

わたしは1/25の夜に、なぐりがきBEATの新春特盤を手に入れた。フラゲ日のTwitterのタイムラインは新年会ですごく盛り上がっていて、わたしもフラゲ日に見たかった…!と思いながら、なぜ届かないのか…!と思いながら、家に届くのを楽しみにしていた。帰宅後早速ウキウキしながら見た。

まず見た感想は

もう最っっっっっっ高!!!

 

最高すぎ、関ジャニ∞マジで最高かよ

 突然の語彙力低下に襲われた

 

まず1番最初におもわず口角が上がったテロップが出た

「渋谷がプロデュース」

テロップを見た瞬間、不意に手を口に当ててしまっていた。どーーうしよう。そんなこと簡単に言われてもまだ心の準備が出来ていない。JBのすばるくんが考えた罰ゲームのすべての企画は本当にバラエティに富んでいて本当に面白かったしす担であるわたしにとって本当にお気に入りの特典映像なのである!あの傑作に次ぐ傑作をこの目に今から収めるのだと思うと、口に手を当てることしか出来ない。

 

 

すばるくんがメンバーを1人ずつ電話で誘うという素晴らしい流れに変わる。

みんな羨ましいなーーーーと思う。関ジャニ∞全員の連絡先が入ってるiPhoneってヨーロッパの国の数よりも少ないじゃん。いいな、わたしもバイバイ言いそびれたからって電話かけ直したいし、大倉くんとの電話で大久保ってボケたいし、みんなとサシ呑みせえへん?って誘いたい。しかも何よりすばるくんのiPhoneを持つ手がとんでもなく美しい。めっちゃ様になってる。女性の手より綺麗だ。彼は手のフリーモデルを卒なくこなせると思う。iPhoneのCMがいつ来てもおかしくないとも思う。

 

そして新年会がスタートする。

すばるくんは久しぶりにオールバックをしていて、またも悶えた。店員さんの格好をしていたのだが、とても似合っている。名札には「新人のすばる ∞」とあり、すばるくんの書く文字って超かわいいよなって再再再再認識した。

みんなそれぞれ来るのだけれど、みんならしい格好してるし丸ちゃんは今までより全然洒落ている。これもエゴサーチによるものなのかな?大倉くんのパーカーもお高いらしいのでやっぱりだね。とここでも再認識した。

 

ここで、すばるくんがスタッフさんと考えに考えを重ねた(メンバーには会報用と伝えられている)アンケートを順番に読み上げる。

すばるくんが司会・進行するのはいつぶりだろうかあああ。そわそわした。

このアンケートについては書くことが多すぎて、わたしの手には負えないがちょっとだけ話すことにする。

 

Q.冷蔵庫に入っているものは?

 

この質問に対して、すばるくん以外のメンバーの回答が紹介されているのだが、すばるくんは司会であるため、すばるくんの冷蔵庫の中身など知ることができない。だけど!!ここで、錦戸くんがすばるくんに振るのである。クゥゥゥゥ。気まずい...大好物......

すばるくんは自炊を結構するみたいで、冷蔵庫には、ベビーリーフ等、常に野菜が入っており、他にもしらすなどが入っているらしい。トキメキ死ぬ。朝ごはんは大体散歩してから魚を焼き、味噌汁を作るらしい。トキメキ度は地球3周くらいに等しい。

 

Q.2017年の抱負は?

 

わたしはすばるくんの抱負と同じくらい大倉くんの抱負に感動した。いや正しくは、大倉くんの抱負のほうが心に刺さった。「(よく雑誌などにある)いろんなデータに(関ジャニ∞の名前が)ひとつもなかった」「圏外」「話題になれないのが悔しい」みたいなニュアンスのことを言っていた。わたしの中の大倉くんはもっとふわふわしてていろんなものについていくイメージしかなくってまあでもドラムは言うまでもなくかっこいいのだけれど。そんな大倉くんから、「悔しい」というワードが出てくるとは思っていなかったし、そういったデータも関ジャニ∞の名前はないかとちゃんと確認してる大倉くんを想像すると、泣いてしまった。またわたしの悪い癖だ。すぐ泣いてしまう。思えばわたしは大倉くんの言葉でここまで泣くのは初めてだなあとまた泣いてしまった。今、Twitterでは自担に文句を垂れ流すアカウントが流行っているが、大倉くんのこの言葉は本当に良い意味で影響を与えてくれると思うし、そう信じたい。バンドで大倉くんだけが他のメンバーの背中を見れるからこそ、感じるものがあると思うし、横山くんも言っていたように関ジャニ∞のことをすごく考えてくれてる大倉くんはすっごく素敵だなと思う。いつまでも変わらず大倉くんのままでいてほしいな。

 

 

 

一年の始まりとしてはとてもよかった!

関ジャニ∞が思い描く2017年になれますように!

関ジャニ’s エイターテイメント オーラス

初めまして。 

これまで、ツアーオーラスを終える毎にたくさんの方のブログを読ませていただき、勝手に楽しんでいたのですが、今回初めてアカウントを作り、今ここに書いてみようと思いました、!初めてのブログで拙いところも多々(というか全部)ありますが、自動販売機のおしるこより温かい心で読んでいただければ幸いです。

 

すばるくんについてたくさん書きます。

 

わたしは今年からアルバイトを始めたためフットワークが軽くなった部分もあり、たくさんの公演を楽しむことができました。もう何年も追っているけど、今回のツアーで初めてオーラスに入りました。(歓喜)

 

まず思ったことは、

 

すばるくん好き!めっちゃ大好き!

 

ってことでした。当たり前だ。どう考えても当たり前だ。

残念ながら他の公演ではカメラを巧みに使いこなして使いこなしまくったエンターテイナースバルの生ウィンクなどのドームに激震が走るようなファンサービスを見れずに(見逃したのもあるけど)悔しい、!悔しい、!とレポをずっとずっと見てました。虚しさしかなかった。

 

ところが!オーラスでわたしが勝手に望んでたこと全てこの目に無事に焼き付けることができ、今日まで瞬きが惜しいくらいイケメンでした。本当にすばるくんはイケメン。共有したい。のでします。(ツアーは終わりましたが若干のネタバレになります)

 

まず、挨拶。

ちょっと高い声で明らかにテンションが上がってるのがわかる。かわいい。そして挨拶終わったかと思いきや、

「エイタ~~~~~~~~~~~~~~~(フェードアウト)」

ってすばるくん叫ぶんです。もう既に泣きそう。

わたしは今日まで、このセリフをずっと脳内再生しては泣きそうになっています(しかも電車で)。言葉にしづらいけどここ数年で一番心にグッときた。すばるくんが言うエイターには私たちが送る応援より熱いものを感じる。あ~~~~好きなんだな~~~~~~わたしこの人のこと好きなんだな~~~~~~って理解しがたい謎の黄昏モードに勝手に入りました。

 

次。

T.W.Lの「応援~マイクロフォンから~君に向かい歌ってるんだぜ~届いてますか(ニコッ)」

ここで思いました。いや、去年ずっと思ってましたが、わたしが好きになった頃はここまで柔らかい表情を見たことがない!好きになった頃のすばるくんは記憶には天邪鬼中の天邪鬼だった気がする。堪らん。かわいい。かわいい。ひたすらかわいい。が、

実を言うと、この曲は好きではありません…

理由はいろいろある。

ですが、ここのすばるくんのパートはそんなことは全くもって考えていない。とても大好きすぎて眩しすぎてあまりモニターを見れなかった…悔しい、!でもかわいかったことだけは覚えている。

 

次。

なぐりがきBEAT

今回のセトリのシングルの中で一番楽しみだった。だって、あんなにかわいいダンスないでしょ。そう。例のアレ。三馬鹿がくるくるするアレ。 よこすばがお尻を合わせるアレ。

三馬鹿のところは、あの数秒で三馬鹿の関係性がすぐわかる気がする。(あくまで想像だけど)みんな若干(勝手な妄想だけど)照れ臭そうに踊ってるのわかる。三馬鹿が本当にかわいい。もっと早くやってほしかった!!!

よこすばがお尻合わせてるのみなさん知ってますか?知ってますよね?あのところもっと光当てられてもいいと思うのにレポをあまりツイッターで見ない…ちょっと距離を置いてるのもアラフォー独特の空気というか、明らかに年下組と違う雰囲気で、かっこいいとかわいいのコントラスト。

これからテレビでたくさん披露されるのとても楽しみなんです!

あの、30代の方々の程よい脱力感が感じられるダンス、わきあいあいとした雰囲気、みんなの歌っているときの表情とかすべてがとても楽しみなんです!!

適度にキメてて、でも適度に(いい意味で)ふざけてるのとても好きなんです!!!

 

次。

アコースティックコーナーとハダカ

もうこれ本当にすばるくん確信×∞犯だと思います。これまで、す担の需要とすばるくんの供給の関係は一方的な需要が大きすぎてちょっとバランスがとれてなかったと思うのです。しかし、今ツアーでは、どう考えても、どう考えても、明らかに供給が大きい。すばるくんは、す担みんなが考えている、望んでいるものたちを遥かに超えた供給ばかりしてくる。今は、とても嬉しいことなのですが、反対に供給が大きすぎてちょっとバランスがとれていない。かといって、すばるくんがファンサービスを行うとみなさんはさらにいろんなファンサービスを求め(わたしだけかもしれない汗)、すぐにバランスが取れてしまうのですが...(笑)

特に、ItoUの「愛してるという、、、」にはエロさ、かわいさ、かっこよさ、誠実さ、優しさなどすべて感じられます。面倒なヲタクに育ってしまったため、泣いてしまいました。アコースティックコーナーのItoUは二回目なのに...面倒なヲタクだ。

そして、まさかのローリングコースター。泣いた。まさかハダカ以外ですばるくんのブルースハープを聴けるなんて思ってもみなくて、亮ちゃんひたすらありがとう。この曲を提案してくれてありがとう。そしてオーラスでやってくれてありがとう。すごい好きだったな~あのブルースハープ。心が軽くなるような音だけど、それでも温もりも感じた。すばるくんの体から出ている音のようで、聴いていて本当に気持ちいい。目覚ましにすると必ずすっきり起きれる自信しか出てこない。それと、やはりすばるくんは確信×∞犯なので、カメラ目線で何度もウィンクなり微笑みかけるなりたくさんのファンサービスを試みようとしてるのにカメラが...カメラが...カメラが...でも、ああやって寸止めも当たり前だが悪くはない。むしろ普通に良い。面倒でポジティブなヲタクだ。

ハダカは...ですよね、当たり前ですよね、誰もハダカが嫌いと言う人いませんよね。わたしはめっっっっっちゃ好きです。メロディーも歌詞も振り付けも、衣装も、全部全部大好きです。どうして2人ともあんな華奢な身体なのか。骨まで尊く感じてしまいました。まとめると大好きです。

 

次。

TokyoHolic・象・NOROSHI

TokyoHolicってすごいすごいすごい魅力あると思うんですよね。書けと言われても語彙が少ないので厳しい。でも、関ジャニ∞で過ごしてきた東京での生活は苦労という2文字で片付けられるほどの苦労とは言えないだろうけど、たくさんの苦労があったと思うし学んだこともほとんどだったと思う、その苦労と学んだことが関ジャニらしく明るく強気に貪欲に歌われてるなと思います。何か、生きてるな~と不意に思い、またも泣いてしまいました。唯一気になる点は、すばるくんあんなに低い体勢でタンバリン叩いて腰痛めないのかあ、わたしだったら必ずヘルニア起こしてるって意味の分からないことを考えてました。

象は、わたしの好きな箇所がたくさんあって、必ず涙と共に聴いています。

「閉ざされた心のドアは 内側からしかあけらんない」

第一涙腺ポイント。歌詞はすばるくんの声にあってるし、すばるくんの声も歌詞にあってる。すばるくんも好きだけど歌詞も好き。自分でやらないと!ってやる気を奮い立たせてくれるという感じです。

「生まれてくれて ありがとう」

第2涙腺ポイント。わたしのほうが生まれてくれてありがとうだわ泣泣(年下なのに)

すべてのものに感謝したくなる。すばるくんの優しいたくましい声がより涙を促してくる。

もっともっとありますが涙が止まらないのでここで割愛します。

NOROSHIは言うまでもなく例の部分、控えめのガールズのところですよね。ドームそろそろ割れるんじゃないの???という感じの歓声。すばるくんこんな歓声浴びて嬉しいだろうな~だってわたしも嬉しいもん~とまた意味のわからないことを思っていたことをこれを書いている途中に思い出しました。そんなことを思っていたせいか、別に涙腺ポイントじゃないのに泣いてしまった。力も抜けた。本当に泣くことしかしてない。だけど、本当に楽しい。

 

わたしはこうやって「尊い、尊い」と言いながら泣くことができる環境を当たり前だとは思わず、自分の身体をいたわってある程度のヲタクをやっていこうと思う。そして、恥ずかしながら、初めてのブログ投稿でこんなに語ってしまうとは...

 

長い長い文章にお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

 

夏が楽しみですね!!!!来週のMステも!!!!